脱毛トラブルに備えよう!脱毛で保険は効くの?

脱毛をするということは肌に何らかのの影響や刺激を与えるということになります。そこで肌が弱い人などはもしかしたら湿疹などがでてしまいトラブルを招く可能性もあるかもしれません。

そこで今回は脱毛トラブルに備えよう!脱毛で保険は効くの?という疑問にお答えします。

■脱毛は保険がきくの?

「…そういえば脱毛って保険ってきくの?」と何気なく疑問に思いますよね。今では数多くの脱毛サロンがあります。それにより価格があがっていったり様々なキャンペーンなどを行って顧客をつかもうとしていますが怪しい…と思ってしまがち。

私自身脱毛サロンに通っていたときはそんなに医療機関にかかっていなかったので保険などには疑問に思わなかったのですが今では「あれ?」っとおもってしまいます。

●脱毛は保険適用外!?

8ab36a7a055e9b9ddfae952c655c5900_s

結論から言ってしまうと脱毛は保険適用外になります。今では様々な脱毛サロンやクリニック、医療機関でも脱毛を受けることができますがそれでも保険適用外です。

特に「医療機関だから保険が効く」と思っている方は多いでしょう。

●なぜ脱毛は保険適用外なの?

病院に行ったからといってすべて保険が効くわけではありません。そもそも健康保険というのは「病気やケガに対して、診断・治療にかかる費用の一部を国や会社が負担する保険」というのが定義なのです。

つまり簡単に言ってしまえば脱毛は病気やケガではないですよね。ここの認識が重要になります。

そのため、病気ではない脱毛の施術は見た目を整えるものですから保険適用外となっているのです。ちなみに歯科矯正なども見た目をよくするためのものですから健康保険適用外とされています。

さらにいうと髪の毛を切りにサロンに行ったときに「保険って効きますか」というお話しと同じです。もちろん効くわけありません。ご自身の容姿を整えるのと同じですから脱毛も同じです。

■覚えておきたい!ムダ毛の秘密!

50160018b6d8581914150a2a2cf6d55a_s

少し話しがそれているのでは?と思ってしまいがちですが脱毛が健康保険適用外ということをしっかりと把握していただきたいのでちょっとだけお話ししますね。

そもそもムダ毛というのは病気のために生えているものではありません

こういった毛というのは逆に私たちの身体を守る役割があるのです。余計な細菌を体内に入らないようにする役割であったり各場所によってしっかりと働いてくれています。時間がたてば髪の毛だってムダ毛だって生えてきますよね。

それは私たち人間にとっては自然なことで病気ではありません。このように考えてみると、ムダ毛の脱毛をすることが健康保険適用外にならないことがわかりムダ毛も大切な「毛」の一部だと理解してもらえるかと思います。

脱毛に健康保険は適用外である!

もうここまでお話したらご理解いただけたと思います。ムダ毛というのは私たち人間が「無駄」であると思うだけであり、実際にはしっかりとした働きを行ってくれているのです。

そういってしまうと脱毛はだめなの?と思ってしまいますがそれはご自身の問題ですね。

もちろん女性として容姿を整えておくことはマナーでもあると思いますから「保険適用外」であるということだけを頭にいれておきましょう。

ハイジニーナ脱毛でトラブルに巻き込まれないために。気を付けること3選

脱毛において女性は一度は気になったことがある方もいるかもしれない「ハイジーナ脱毛」。

もしかしたらここで初めて耳にする方もいるでしょう。そこで今回はハイジニーナ脱毛でトラブルに巻き込まれないために。気を付けること3選をご紹介します。

■ハイジーナ脱毛とは?

2e8ac716e5a67106227f8ec3c2fe4896_s

まず、ハイジーナ脱毛についてご説明します。これはアンダーヘアを全てなくしてしまう脱毛のことを言うのです。

元々の語源は「ハイジーン=衛生的」という意味からきていてアンダーヘアを永久脱毛している人のことをハイジニーナと呼んでいます。

●海外セレブも行っている?

海外セレブとして有名なパリス・ヒルトンやブリトニー・スピアーズもハイジーナ脱毛を行っているというのは事実であり、日本国内だけではなく世界にも知れ渡っている脱毛です。

脱毛サロンにはハイジニーナ脱毛コースがありますが日本では意外にも25歳以上~30歳前後が一番多いという情報もあります。

■ハイジーナ脱毛でトラブルが起きる?

大体の脱毛サロンではハイジーナ脱毛を行う際には一度ご自身でシェービングを行うのです。もちろん電気シェーバーなどでも構いません。

しかしそれはとっても肌に負担がかかるのです。

●どんな負担がかかるの?

別の記事でもお話しをしましたが毛というのは肌を守ったり細菌が体内に入るのを防ぐ役割をします。特に陰毛に関しては、性感帯がありますからデリケートゾーンの保護をする役割があるのです。よく考えてみてください。

女性器には膣であったりと赤ちゃんを作るときやセックスを行うときに非常に大切な役割をしますよね。先ほどもお伝えしたようにデリケートゾーンの保護がしっかりできなくなるというのがトラブルを招きやすいです。

例えば女性器から最近などの侵入を防いだり、デリケートゾーンの衝撃を和らげるクッションの役割も果たしたりしているのが実は陰毛なのですが、脱毛をしてしまうとそういったことができなくなってしまいます。

■ハイジーナ脱毛によるトラブルを防ぐためには?

できればトラブルは起こしたくないものですよね。そこでここではハイジーナ脱毛のアフターケアをご紹介します。

●保湿クリームを塗ろう!

bece23549ca6ff24b553f8755c7fe4de_s

VIOラインを脱毛したあとには肌が乾燥しがちです。それを防ぐためにも必ず保湿クリームを塗るようにしましょう。しかし、どんなものを選んでいいのかわからないかと思います。

特に気負いせずに普段あなたが使っているもので大丈夫です。それが肌に合っていて使っているのですから問題はないでしょう。

●ごしごしとお風呂では洗わない!

ハイジーナ脱毛では肌に刺激を与えているのと同じですからなるべくごしごしと脱毛した箇所を洗うことは控えましょう。

低めの温度のお湯に浸かったりして肌への負担を減らしてください。

●トイレも優しく!

意外かもしれませんが日常でトイレに行くことはあると思います。その時にペーパーでごしごしとふくのは控えてください。もちろん拭くなとはいいません。

しかし、強く拭きすぎてしまうとかぶれたりする可能性がありますからウォシュレットなども使ってみるのもいいでしょう。

アフターケアは忘れない!

特に脱毛する中でもハイジーナ脱毛は大切な部位を脱毛しますからしっかりとアフターケアを行うことをおすすめします。

脱毛で炎症が起きたときの対処法!飲酒は厳禁

人によっては脱毛をした後に皮膚が炎症してしまう人もいるでしょう。

私が脱毛したときは皮膚が弱くなかったおかげか、炎症することはありませんでしたがいくつか注意事項を言われました。

今回は脱毛で炎症が起きたときの対処法!飲酒は厳禁というテーマでお話しをしていきます。

■なぜ脱毛で炎症がおきる?

脱毛というのは毛根から毛を除去している状態になります。特に脱毛サロンでは光レーザー脱毛が多く使われていますからその光の熱によって皮膚が炎症する場合があるのです。

私は炎症はしたことがないといいましたがやはり施術を受けているときは痛みを伴うことがありました。

■脱毛で炎症が起きた!どうすればいい?

脱毛後というのは基本的には体に熱がこもっている状態なのです。

ですから熱をため込むようなことはしてはいけません。

●お風呂は控える!

982376bf31e3058935da1ec4afbd552b_s

施術を受けた当日の入浴はなるべく控えましょう。お湯に浸かることによって身体が温まってしまいますから熱がこもりやすくなりますよね。

そんなときはぬるめのシャワーのみで我慢してください。

●露出に注意!

実はこの注意点も知らない方が多いのが現状です。日焼けというのは皮膚のやけどということですからなるべく肌を露出した服装は避けて脱毛サロンに行くようにしましょう。

もしくは日傘などを使い、紫外線をカットするなどという手段をとることをおすすめします。

●運動はNG!

これもお風呂に浸かるという考え方でとらえていただければわかるかと思います。運動をすることによって代謝というのはアップしていくのです。つまり、身体が熱を産みやすい、もしくは産んでいる状態のことをいいます。

ですからその日は運動は控えるようにしましょう。

■施術後は食事にも注意!?

私はあまり脱毛を受けた時には強く言われませんでしたが、食事にも注意しなければならないのです。

そもそも食事を摂ること自体が熱を産むのですがその食事内容にも気を付けばなりません。

●激辛料理は控えて!

2a169cdd716e5778aa2d36b920e36ae6_s

辛い物を食べると汗が出ますよね。それは身体が熱くなり汗で体温を下げようとしているのです。

つまり体温が上がっている状態になっているということ。辛い物好きな方はこの一日だけは我慢しましょう!

■お酒もダメ?

アルコールには血液をサラサラにしてくれる働きがあります。しかし、それはある程度の量であればのお話しです。ですが飲みすぎると血圧はどんどん上がっていき体温も上昇します。

そうすると身体に熱がこもりやすくなってきます。普段の飲み会やお酒の席ですでに実感している方はいるかと思いますがやはりお酒を飲むと気分が高揚するだけではなくて身体がポカポカしませんか?

それと同じで身体の中に熱がこもっているのです。もし飲み会が脱毛の日にあるのであればどちらかをずらすようにしましょう。大体会社の付き合いで飲み会に参加しなければいけなければ脱毛する日を変えて調節してください。

体温を上げる行為はしてはいけない!!

日常でさりげなく行っている動作や生活でも体温を上げることがあることはもうおわかりですね。

特に飲酒は血圧も上がってしまい危険なため必ず避けるようにしてください。せっかく脱毛をするのであれば安全に、そして美しくあるようにしましょうね。

脱毛したのに毛が減らない!原因を徹底解説!

脱毛をしたことがない方は「脱毛をすればすぐに毛が抜ける!」と思っている方がいるかもしれません。

しかし、中々毛が減らないと感じる方はいるでしょう。

そこで今回は脱毛したのに毛が減らない!原因を徹底解説いたします。

■なぜ脱毛後に毛が減らないの?

5a64a8283cd134ebc4d88de1795fbfe6_s

「脱毛」をしたのに毛が減らないと感じる方は中にはいるでしょう。私は背中しか脱毛したことがないので水着のときなどに友達に確認してもらったりしていました。

肌触りなどではわかりにくく元々そんなに毛が濃い方でもなかったので…。

●脱毛サロンによって変わる!

実は脱毛サロンによって光の性質や強さというのは異なっていきます。それによって自分が通っているところと友達が通っているところが違えば多少なりとも毛が抜けにくいというのはあるのです。

それを避けるためにも口コミなどを見て脱毛サロンを選ぶといいでしょう。

●脱毛の回数によっても変わる。

1回の脱毛では毛は抜けません。特に毛の密集度が高いところや、毛根が深いところにある脇であったりとVラインというのは回数を重ねないと中々思った脱毛にはたどり着けないのです。

ではどれくらい脱毛の回数が必要なのかというと大体ですが12回~18回の脱毛が必要ですね。

実際に私も脱毛を行っていたときには2か月に一回脱毛サロンに通って施術を受けることによって徐々に毛が薄くなり、脱毛することができました。

■デリケートゾーンの脱毛で毛が抜けないのは困る!

b055769f

確かに露出度が高い夏や水着を着用する機会が多いときにはデリケートゾーンの脱毛をしたい方は多いでしょう。しかし、そこでうまく脱毛が行われなくなってしまうとイライラしたり、「なんで?」と思ってしまいますよね。

ここではデリケートゾーンの脱毛でちゃんと施術ができているかどうかというところを見ていきたいと思います。

●デリケートゾーンの脱毛は時間がかかる!

脱毛サロンで行うデリケートゾーンの脱毛でも毛がしっかりと抜けるまでには2巻程かかることをまずは頭にいれておきましょう。

特に脱毛サロンで行うデリケートゾーンの脱毛は痛みを伴います。しかし、痛いからといって脱毛に通うのをやめるのはしないでください。

なぜならば毛根が深いため痛いくらいな方がちょうどいいからです。

■脱毛サロンで毛が抜けないのはスタッフの研修の問題!?

脱毛サロンで働いている人も一人の人間です。もちろん会社として研修を受けているはずですがマニュアル通りに行っていても完璧な人はいないでしょう。

技術が劣っているスタッフの施術を受けるとムラ打ち、照射漏れなどによって一部だけ毛が抜けないという失敗も発生してしまうので、それを防ぐためには脱毛においての正しい知識を身に着けることや値段が安いだけではなく情報を集めしっかりとした脱毛サロンを選ぶことをおすすめします。

情報を集めることが大事!

同じ脱毛サロンでも店舗によって毛が残っているなどと変わってくることがあります。

今では全国展開しているところが多いですから近くですませるというのも楽ですが、口コミなどをみて少し交通費がかかってでも信頼性のある脱毛サロンに通うといいでしょう。

それが脱毛サロンに通っても失敗しない近道ともいえます。

VIO脱毛したのに毛が減らない・抜けない!そんなあなたは必見

女性としては気になるVIOライン。そこはやはり脱毛したい気持ちはあると思います。特に水着やパンツからはみ出ていたら恥ずかしいですもんね…。

そこで今回はVIO脱毛したのに毛が減らない・抜けない!そんなあなたは必見の記事をご紹介します。

■そもそもVIOの脱毛はどれくらいで効果がでる?

脱毛サロンで施術を受けている場合でも医療レーザー脱毛を受けている場合でも光脱毛でもVIOラインの脱毛は早くて翌日や遅くても3週間で毛は抜けていきます。

■脱毛のメカニズムを知っておこう

そもそもの脱毛のメカニズムはどんなものなのでしょうか?脱毛の効果が見られないとなるとまずはメカニズムを知っておくことが大切になりますね。

●医療レーザーの場合

a3528e0b42bfca3e3aba6ba98479c8d3_s

医療レーザーで脱毛をする場合は発毛をするための毛根周辺細胞に熱を与え、細胞を殺して再生をしてこなくするという仕組みです。

●脱毛サロンの光レーザーの場合は?

基本的には医療レーザーで脱毛する場合と同じ仕組みと考えてください。ただ、脱毛サロンの場合は毛根周辺細胞には十分なダメージを与えることが出来ません。

イメージとしては医療レーザーで脱毛に比べ毛が抜ける程度のストレスを与えているだけと言ったほうがいいでしょう。

■VIOの毛が抜けない!?その理由は?

7b5758c3378c46ec2c62b14805c503d6_s

基本的にはレーザーの出力が非常に高いものですから毛が抜けないことは普通に考えてはないでしょう。そこで3週間待ってみるとします。それでも毛が抜けない場合がありますよね。

そんなときはもしかしたら照射漏れの疑いがあります。そもそも照射漏れとは、単純に、施術スタッフが脱毛個所に打ち忘れたことや、照射時にレーザーが漏れてしまい、脱毛に必要な熱が十分に毛根に届かなかった。ということです。

もしこういった状況になってしまっていると感じたらほとんどの脱毛サロンや医療機関では無料で対応をしてくれますので、必ずクリニックに相談をしましょう。

●脱毛サロンでも照射漏れはある?

もちろん脱毛サロンで施術を受けた場合でも照射漏れはあります。照射漏れもありますが脱毛サロンの場合は医療レーザーに比べて効果自体が医療レーザーの1/3くらいなのです。

つまり毛が抜けるほどの刺激を毛根に与えられていないという場合もあります。

■照射漏れを疑うのはどういった場合?

では一体どういった時に照射漏れと認識すればいいのでしょうか?それは施術した箇所の一部だけ抜けない場合であれば、照射漏れの可能性は高いと思ったほうがいいでしょう。

仮に「全部抜けない!」と思った場合には次の施術の時に抜けると思ってください。

もちろん脱毛サロンの場合も照射漏れを感じたらすぐに窓口や通っているサロンに相談してみましょう。無料で受けられるとは限られませんがそれなりに対応をしてくれると思います。

VIOラインの脱毛を受ける前にまずは自分で知識を集めよう!

必ずVIOラインの脱毛を受ける前にはご自身でどういった仕組みで脱毛が行われるのかなど情報を集めておくことが大切になります。

痛い思いをして、さらに気になる部位ですから後悔をしないためにもしっかりとインターネットなどの媒体で知識を頭にある程度詰め込んでおいてくださいね。

子供脱毛でトラブルに?そもそもいつから脱毛していいの?

みなさんはご存知でしょうか?「子供脱毛」という言葉を。脱毛を実際に行うのは高校生や成人した後に多いと思います。

そこで今回は気になる子供脱毛でトラブルに?そもそもいつから脱毛していいの?という疑問についてお答えします。

■子供のムダ毛はいじめの対象になっている?

0ac07f98b01a06e0401c0a2a1f387d58_s

実は子供でも毛が濃かったりすることでいじめの対象になっているのが現実です。実際に私も中学生のときや高校生の時、毛が濃い女の子は陰で「あのこ毛濃いよね~」と陰口を言われていました。

そういった些細な点からいじめに発展するのが今の日本の現状です。

■いつから子供は脱毛してもいい?

毛の濃さなどはなんだかんだ遺伝子によるものでもあります。それはしょうがないですよね。ですが特にムダ毛の成長はホルモンの影響が大きいとも言われています。

なぜかというと思春期は、女の子だと生理が来たり、にきびができたりとホルモンバランスが不安定になりがちです…。そのため脇や陰部にももちろん毛が生えてきます。

●小学生でもOK!

実際に子供脱毛をOKとしている脱毛サロンでも7歳からという年齢制限があるところもあります。しかし、方法は変わってくるのです。脱毛といえば私たちが受けるのは光かレーザー脱毛ですが、医療レーザー脱毛はNGとされています。

なぜならば医療レーザーの場合だと出力が高く、肌を傷つけてしまうのです。また、場所によっては「15才未満は施術しません」と書いてあるところもあります。

●なぜ15歳以下はだめ?

できれば子供脱毛はおすすめしません。なぜかというと小中学生の肌というのは大人の1/2~2/3の厚さだからです。

そのため、皮膚に刺激の強い医療レーザー脱毛はできませんが子供の肌のために考えられた光脱毛であれば可能になります。

■子供脱毛は肌トラブルが起きやすい?

f238953df8b7236ab5fd91abec7950e5_s

また子供の肌は大人に比べて乾燥しやすいのが特徴です。もしお子さんに脱毛を受けさせた場合には肌トラブルがあると思ってください。そして必ずアフターケアを行うことが必要です。

どんなアフターケアかというと大人と同じように十分に保湿することと、熱がこもっているので肌のクールダウンをして肌をしっかりと保護することが大切になります。

■子供脱毛はちゃんと効果は得られるの?

気になるのは子供にお金をかけて脱毛してあげたときにちゃんと効果が得られるのかということ。脱毛を受けたお子さんなんて特に知識は少ないですから頭の中は不安でいっぱいでしょう。

そこで本当に効果がでるのかというところに焦点を当てて行きたいと思います。

脱毛後は成長期なためどんどん毛が生えてきます。しかし、脱毛を続けることにより、そしてアフターケアを行うことによって綺麗な肌を保つことができるんです。

そして次第に処理していくと毛というのは大人の脱毛と同じように、薄く細くなっていきます。

子供脱毛のプランがあるサロンを選ぼう!

もうご理解いただけたかと思いますが子供の肌は大人より敏感ですから子供脱毛のプランがあるサロンを選ぶようにしましょう。

子供プランのあるサロンであれば、肌へのダメージを最小限に抑えてくれます。

薬を飲んでても脱毛可能?断られてトラブルになることも

脱毛を考えている方で何らかの薬を服用している方はいるでしょう。

もしかしたら何か持病を持っていて薬を飲まなきゃいけないという状態という方もいると思います。しかし、そんな方でも脱毛したい気持ちはありますよね。

今回は薬を飲んでても脱毛可能?断られてトラブルになることも?というテーマでお話しをしていきます。

■薬を服用している方に起こってしまうかもしれない副作用とは?

仮にあなたが薬を服用していて脱毛の施術を受けたとしましょう。

人にもよりますが中には、脱毛する部分にレーザーが当たったところが過剰に反応し、皮膚に湿疹などが出てきてしまう場合があります。これを「光線過敏症」と呼びます。

■薬を服用してても脱毛を受けられる?

21a5a13f7d35688fa6a0784303227d5c_s

気になるところはここだと思います。やっぱり脱毛したい気持ちはあると思いますが薬を服用しているから…と思いとどまってしまうでしょう。しかしこれは、脱毛サロンによって様々なのです。

薬の服用による規定に関しては決まりはありません。例えば施術前6時間に薬を服用しているとダメというところもあれば、服用後24時間ダメ、さらに長いところでは2日間空けなければいけないというところもあります。

しかし、予防接種を受けた際には4日間以上はあける必要があるのです。

●薬によって脱毛できるか変わるもの?

これはやはり薬によって変わってくるものです。

しかし服用している薬によっては脱毛を受けられないものがあるというのもあります。例えば施術を受けられない薬の中には抗不安薬や抗生物質などの抗うつ薬があります。

●どんな薬が危険?

もちろん薬によるというのは先ほどお話ししたのでおわかりでしょう。特に気を付けなければならないのは風邪薬や花粉症の薬など身近に利用するものも要注意です。それだけではありません。

鼻炎をお持ちの方は鼻炎薬であったり、うつ病の症状があり通院してうつ病の薬を服用している方、そして血液の流れをよくするような薬は危険です。また、女性が服用している方もいますが低用量のピルはOKとしている脱毛サロンもあります。

■脱毛サロンでは断られる?

0be2e17d03c803782a8d6a346a34450f_s

脱毛サロンでは最初に簡単なカウンセリングを受けますがその時にしっかりと自己申告することが大切になります。必ず「服用している薬などはありますか」という項目があると思いますからもし薬を服用している場合には記入をしましょう。

「これを記入しなければ脱毛をしてくれないかもしれない」「断られるかもしれない」と思ってしまいますよね。

しかし、嘘の申告をするとトラブルだけではすみません。被害を受けるのはあなたの身体自身なのです。

トラブルを起こる可能性はある!

薬などの問題は正直自己管理でもあります。そこで自己申告をしないとトラブルを招いてしまう恐れがありますから必ず自己申告はしましょう。

それでも受けたい場合はあると思いますがその場合はレーザー脱毛などは避け、ご自身でのシェービングなどで我慢をし、薬が不必要な状態になったら脱毛サロンに行くといいと思いますよ!

ご自身の判断で決められない場合もあると思います。そのときは、かかりつけのお医者さんに診断の際に相談することもおすすめします。

トラブルにご注意!脱毛サロンでやけどをする?

今では数多く存在する脱毛サロン。たくさんの広告も出ており特に女性には人気ですよね。私も脱毛サロンには通ったことがあります。

そこで今回は気になるトラブルにご注意!脱毛サロンでやけどをする?という疑問についてお答えしますね。

■脱毛サロンで行う方法は?

57eefa12885e9f203abcf30cf920e80c_s

脱毛サロンにもよりますがほとんどの方法がフラッシュやレーザー脱毛をを使った方法で脱毛していくのが一般的です。最初に自宅でご自身である程度カミソリやシェーバーなどで毛を剃っていきます。

脱毛サロンで行う方法は基本的には、肌に影響を与えずムダ毛の毛根に焦点を当ててダメージを与える脱毛法です。しかし肌に全く刺激がないと言ったら嘘になるでしょう。

●痛みってあるの?

私の場合は背中の上下部位で広範囲だったため特に大丈夫でしたが皮膚が薄いところのVIOラインや脇などはある程度の痛みが伴います。とても敏感なパーツですからね…。そんな痛みを感じているとき毛根に熱エネルギーでダメージを与えている状態となっています。

その熱は肌の内部にとてもこもりやすく、施術した後は肌を冷たいタオルなどで冷やすことが多いです。

基本的に肌荒れを起こしにくい人であればしっかりとアフターケアを行っておけば肌荒れをおこすことはないでしょう。ですが、中には肌が弱く荒れてしまいやすい人などは腫れたりする可能性もあります。

仮に腫れたりしても大体2~3日で引いていくものです。しかし、中にはやけどを起こしてしまい水膨れなどができ、それがシミになる可能性になる人もいます。

■脱毛サロンでやけどになる場合ってどんな症状?

普段生活していてやけどをしてしまった…!!というときはあると思います。そうすると組織液がたまり、水膨れになってしまいますよね。

しかし、脱毛サロンでやけどをした場合は「えっ?これもやけどなの?」と思うかもしれません。

●脱毛サロンでやけどをしてしまったかもしれない…。その症状とは?

皮膚に刺激を与えるものですから脱毛でもやけどをします。しかしそのやけどの症状は様々です。もし次のような症状がでたら、やけどの疑いがあります。

脱毛をした箇所に赤みが出てしまう、肌が熱い、ヒリヒリする、ここまでは通常のやけどにも起こりうる現象ですね。

脱毛サロンでの場合には赤く腫れることや水膨れができることがあります。水膨れができるのはかなり重症ともいえるでしょう。その際はなるべく早めに皮膚科で受診することをおすすめします。

実際に私の友人も全身脱毛をしました。しかし彼女は皮膚が弱くもともと皮膚科にも通っていることがあったそうなんです。私たちが行っていた脱毛サロンは2か月に1回来るようにという指示でしたが彼女は皮膚が腫れてしまい中々いけなかったですね…。

特に全身脱毛で、スイミングの指導を仕事でしていましたので肌がより荒れてしまってボディークリームなどが手放せなかったようです。私たちはレーザー脱毛だったのですが彼女は赤みがきえなかったですね…。

脱毛サロンでやけどだと思ったらすぐに対処!

29541ef9a486d97aedb9b98cbb6373cf_s

これってやけどかも?など痛みを感じた場合にはすぐに冷却をし、やけどの対処をしましょう。

肌を露出できるように脱毛しているようなものですから荒れてはいみがありませんよね。

しっかりと対処することをおすすめします。